ソク家のブログ

二ノ宮香衣の書く韓国ドラマ≪宮≫から誕生したオリジナルキャラクター一家の日常を描くスピンオフ作品です。

二ノ宮香衣の書く韓国ドラマ≪宮≫から誕生したオリジナルキャラクター一家の日常を描くスピンオフ作品です。 ブログアイコン

img_0_m (1)


結局俺が災害救助に携わったのは三日間だったが、この三日間の事は生涯忘れられないだろう。


日本には新たな《友人》も出来た。

昌代さんの息子、小林孝顕君は、あの日たまたま学校が早く終わり、友人から『遊びに行こう』と誘われたが断り真っ直ぐに帰宅し、その直後、靴を脱ごうとした時に地震が起きたと言う。
すぐに足の悪い自分の祖父をおぶって近くの高台に避難した。

昌代さんの家は海から5キロ近く離れていて、高台へ続く緩やかな坂の中腹にあった。
ハザードマップでは津波は届かないとされていたが尋常ではない地震の揺れに予想よりも大きな津波が来るかも知れないと咄嗟に居間で地震の片付けをしていた祖父に上着を数枚重ね着させておぶって坂を上ったと言う。

普段は家族の誰とも口をきかないような少年だったが咄嗟に動いていたと言う。
高校卒業後は都会に出て、大学も就職も都会でするつもりでいたのだがあの震災で考えが一変したらしい。
大学も地元の大学に通い、就職も地元に決めた。


亜季さんの夫、中田忠義さんは地震が起きた時はまだ職場にいて、揺れがおさまってから亜季さんと生まれたばかりの娘が気になって車を出した。
すぐに海岸方面から内陸に向け逃げる人々に気づき、身の危険を感じ引き返したと言う。
途中で足が悪いのかゆっくりと歩くおばあさんと女性に出会い、二人を車に乗せてとにかくより内陸に、より高台へと避難した。

その結果俺が救援作業をした範囲よりもかなり外れた避難場所にたどり着き亜季さんのもとに戻るのに時間がかかってしまったようだ。



震災翌年の秋だった。
当時まだ皇太弟だった殿下と姫が日本を公式訪問をした。
その時被災地にも足を運び、昌代さんや亜季さん、そして珠安ちゃんと面談し、俺は彼らに再会した。


昌代さんの自宅は津波が庭先まで到達したものの家屋に被害はなく、亜季さんの暮らしたアパートは津波で流されていた。
小、中学時代の同級生で元々実家もご近所同士だった亜季さんと忠義さんのアパートは互いの実家まで徒歩で5分程内陸にあったと言う。
つまり亜季さんの実家、忠義さんの実家も共に津波に流されてた。
家だけでない。
忠義さんの94歳の祖父と忠義さんの母も家ごと流されて命を落としていた。


殿下と姫は亜季さんたちのほか、津波で子供を亡くした母親やいまだに行方不明の娘を探す父親と面談した。

まだ痛々しい爪痕を遺す街は、それでも前に進もうと立ち上がった人たちの笑顔がそこかしこにあった。

「まだ本当の気持ちでは笑ってなどいられない。でも、笑って街を再生させなきゃ死んでいった人に顔向け出来ない。」
そう誰かが言った。

「多くの命を奪った海から離れようとは思わないのですか?」
涙でグショグショの姫が問う。
「むしろ私は息子が還っていった海をずっと見ていたいんです。」
そう子供を亡くした母親が言った。

「あそこに息子がいるんです……今も。」


俺は思った。
自然の偉大な力の前に人は無力だが、それでも人には立ち上がる力があると。

俺は彼らのその力を信じたい。

きっとまたこの街は元の生活を取り戻すと……。

今回はジュアンと珠安ちゃんの対面は叶わなかった。
しかしいつか必ず実現させたい。
そう誓って俺たちは被災地をあとにした。

「人って……強いね……?」
乗り込んだワゴン車の中で姫がポツリ呟いた。

ーーもう一人の珠安 完ーー

img_0_m (1)



「すみません、この人たちを受け入れて貰えませんか?生後5日の赤ン坊とその母親です。」

修羅場のような病院で一人の医師に声をかけた。

「悪いがもう手いっぱいだ!他を当たってくれ!」
医師はそう吐き捨てるように言うと走り去り重症患者の容態を診た。

「……やっぱり……もう無理だよ……。」
病院に着いてからは俺の背中をおり自分の足で歩いていたアキさんが泣き崩れた。

「もう無理だよ!いっそ死んじゃった方がよかったよ……。この子……育てていけないよ……。」
「アキさん!何言ってるの!大丈夫!大丈夫だからね?」
マサヨさんが泣き崩れたアキさんの背中を優しく摩った。

その時だ。

「アララ!赤ちゃん抱いてここまで歩いてきたの?!」
一人の看護師がアキさんに声をかけた。
すかさずマサヨさんがアキさんと赤ン坊の状況を説明した。

「ちょっと赤ちゃん診せて。……うん、脱水症状が出てるわね。こっちに来てお母さんと助産師さんも診てもらいましょう?先生、こっちお願いします!」
さっきの医師とは違う医師がざっとだったが二人を診てくれた。

幸い軽い脱水症状だけだったがアキさんは念の為に暫くこの病院に留まることになった。


「マサヨさんのご家族は?」
「主人は幸い出張で大阪に……。でも足の悪い義父と高校生の息子が……。」
「アキさんのご主人とマサヨさんの家族の名前を教えて下さい。」

俺はそれから避難所を廻りアキさんのご主人とマサヨさんの家族を探した。
しかし見つけることができず、一度班に戻った。

アン・ウルソン班長にアキさんとマサヨさんの事を報告し、二人の家族を見つけ出したいと願ってみたがやはり答えはNOだった。

分かっている。
たった一人の人に付きっきりになれる状況でないことを俺だって分かっている。

でも……。


翌日。
俺はまた別の病院に救援物資を届ける任務に就いていた。
そこでアキさんのご主人とマサヨさんの家族の消息を尋ねたがやはり分からなかった。

次の病院でも、また別の病院でも……。

その日全ての任務を終えてアキさんのいる病院に行ってみた。

マサヨさんの家族は俺が昨日訪ねた避難所に残した尋ね人の貼り紙を見た人から『別の避難所にいて無事』と連絡があり、無事であることが確認されたと言う。
マサヨさんの息子さんは、あの日学校から帰宅した直後に地震があり、すぐに足の悪い自分の祖父をおぶって近くの高台に避難していたと言う。


アキさんのご主人はまだ見つからなかった。

その翌日だ。
福島の原発事故を受け俺に帰国命令が出た。
子供も生まれ、もう自分一人の身ではないのだ。
……仕方ない。

だがアキさんの事が気になった。


帰国の三時間前、俺が滞留先を出ようとした時だ。
数人の日本人が俺に面会を求め訪ねて来ていると知らせを受けた。

アキさんとマサヨさんだった。
マサヨさんの家族も一緒だった。
そして……アキさんのご主人も……。

俺が行く先々で探していたことがアキさんのご主人に伝わり、今日ようやく再会出来たと言う。


「俺が帰国する前に見つかってよかった……。」
「親身になって探して下さったお蔭です。本当に……ありがとうございました。」
マサヨさんが泣き崩れた。
ずっと張り詰めていた気持ちの糸をようやく緩めることが出来たのだろう。

「ジェホンさんの……私たちの娘と同じ日に生まれたっていうジェホンさんのお嬢さんの名前、教えて貰えませんか?」
「ジュアン。漢字では珠安、石 珠安と書きます。」
「珠安、ちゃん……。」
「あの……。いきなりで失礼だと思いますが……。」
アキさんのご主人が言った。
「私たちの娘に……お嬢さんと同じ名前を付けてもいいでしょうか?」
アキさんが言った。
「恩人であるあなたを忘れないように……。お願いします。」
「……どうぞ。名前は誰のものでもないですから……。」
「ありがとう……。それと…お願いします。うちの珠安を抱いてやってくれませんか?」

俺はナカタ ジュアンちゃんを抱いた。

俺たちのジュアンが生まれた時にそうしたように彼女の額に自分の額をつけた。

どうか……。
どうか明るく元気に育ってくれ……。
希望を捨てず、諦めず……笑って育ってくれ……。

img_1_m (15)



翌年の3月7日。
日本から2通のエアメールが届いた。
差出人は中田 忠義、亜季。
もう1通は小林 昌代。
あのアキさんとマサヨさんだった。

昌代さんの一家も亜季さんたちも相変わらずあの街で頑張っているという。

あちらの珠安ちゃんも随分と大きくなっていた。

その翌年も、その次の年も……。

去年は珠安ちゃんに弟が生まれたと書かれていた。
名前は弘(こう)。
俺の名前からとったという。
彼を取り上げたのは昌代さんだ。

昌代さんの息子さんは今年地元の役場に就職が決まったらしい。

img_2_m (2)


あれから五年ーーー。

復興はまだ始まったばかり……。

img_0_m (1)


被災地には一度だけ来たことがあった。
まだ子供の頃に日本に住む親戚と被災地を訪ねたことがあった。

その変わり果てた街の様子に俺は足がすくんだ……。


「ジェホン、お前は医療チームと共に津波に襲われた中規模病院の救助に当たってくれ。出来るか?」
班長アン・ウルソンが言った。

普段は女王陛下付き副長のアン・ウルソンは俺が見習いとして入宮したときの指導員だった。

俺の病気の事も、子供が誕生したばかりと言うことも承知している。

だからこそ最後の『出来るか?』と言う言葉が出てきたのだろう。


俺が担当した中規模病院は津波に襲われ1階部分が浸水し、その他の階も天井が落ちたりしていた。
何よりも、屋上にあった自家発電機の燃料が切れ、災害時用備蓄倉庫は津波で流されていた。
病院としての機能を失い、近隣の比較的被害の小さな病院に患者の振り分けが必要だった。

いくつかの班に分けおぶったり、担架で担いで瓦礫が散乱する街を歩いて何往復もした。

ほとんどの患者の振り分け輸送を終えた頃。
生まれたばかりの赤ン坊を抱いた若い母親と看護師と思われる女性が中規模病院に来た。

開業医の産婦人科病院で出産したばかりの若い母親は完全に流失した病院からなんとか逃げることが出来たが、その後受け入れてくれる病院を探して産婦人科病院の助産師と歩き回っていたと言う。

「ここならって思って来たのに……。」
二人は愕然としていた。

まだ生まれて数日と思われる赤ン坊は腹を空かせ、オムツも替えられず泣きじゃくっていた。

「オムツだけならあるけど……。」
中規模病院の看護師が汚れていないオムツを探して持ってきてくれた。

「ここの患者さんを受け入れてくれた病院ならきっと……。」
その看護師が言った。
「俺が送って行きます。」

まだ余震も続き足元も相当悪い。

それに産後間もない若い母親の身体も心配だった。
「俺も……つい最近子供が誕生したばかりなんです。放っておけません。」
俺はアン・ウルソン班長に申し出た。

他の連中は中規模病院の最後の患者…わりと元気なお年寄りばかりを別のお年寄りの施設に運ぶ為、俺は一人で彼女らを病院に送り届けなくてはならないが……仕方がない。
「……分かった。気を付けろ。」
班長は送り出してくれた。

もうすぐ日が暮れる。
日が落ちれば途端に寒さは増す。

「俺はソク・ジェホンと言います。二人の名前は?」
「コバヤシ マサヨです。こちらはナカタ アキさん。」
助産師が言った。
「赤ン坊の名前は?」
「まだ……。」
助産師が答えた。
「……昨日……主人が名前を決めて持ってくる所だったの……。どうしよう……。これからどうやって生きていこう……。」
アキさんは泣き崩れた。
「アキさんのご主人……行方が分からないんです。」
「…………。」

『大丈夫!きっと生きてる!』
そう声をかけることも虚しい嘘にしか聞こえない。
そんな厳しい状況だ……。

きっと……きっとマサヨさんだってずっと家に戻らず家族と離れているはずだ。
それでも子供を産んだばかりのアキさんを気遣い自分の事は口に出さずにいるのだろう。

「……アキさん。とにかく……子供の為にも今はここにいてもいけない。マサヨさん、歩けますか?」
「はい。私は大丈夫です。」
「じゃあ、赤ン坊を抱いてゆっくりと俺のあとをついてきてください。」
「アキさん、俺の背中に。」
アキさんは躊躇った。

そりゃ見ず知らずの男にいきなり負ぶられるなんて気が退けるだろう。

「アキさん。あなたはこの子お嬢ちゃんのお母さんなのよ!この子を守ってあげられるのはお母さんだけなの!」
マサヨさんにそう言われアキさんは俺の背中に身体を預けた。


夕暮れの壊滅状態の街をゆっくりと歩いた。

時折背中のアキさんに話しかけても短い返事が返ってくるだけ。

彼女はこんな時に命を授かった事を後悔しているかも知れないし、きっと今は絶望の淵にいることだろう。

「赤ン坊、女の子なんですか?」
「…はい。」
「俺も7日に娘が生まれたばかりなんです。」
「アラ!アキさんのこの子も3月7日に生まれたのよ!」
マサヨさんが言った。
「ホントですか?!じゃあ俺の娘も今、こんななんでしょうね?」
思わぬ共通点を見つけ俺はますますアキさんを放っておくことが出来なくなった。

アキさんは俺の背中で啜り泣いているようだった。
出産した時の事を思い出したのかも知れない。


「……ジェホンさんは日本語、お上手ですね?」
マサヨさんはアキさんを気遣ってなのか違う話題をふってきた。
「親戚が日本に住んでいて、幾度か遊びに来たことがあります。」
「そうなんですか?日本のどこに?」
「横浜と言うところです。」
「まぁ。私、横浜の出身なのよ。主人がこっちの人間でね……。それで……。」
マサヨさんもそれきり黙りこんだ。

それから病院まで凡そ1時間。
ただ黙ってひたすら歩くだけだった。

img_1_m (14)

このページのトップヘ